冗談は真面目に

Twitterにも書いたお話ですが、

そう言えば、今日は4/1。エイプリルフールですね。
嘘を吐く日なのか、嘘を吐いていい日なのか、定義がよくわからないです。
 
一時期よくエロゲメーカーが全力でネタをやっていましたが、今でもやっているのでしょうか?
と思ってためしにType MOONのサイトを見にいきましたが、トップ絵がネタなのか何かのゲームの絵なのか、よくわかりませんでした。
 
嘘とはちょっとちがうのですが、わたしには「冗談は金と命をかけて」というモットーがあります。
要は「ネタは全力で」ってことですね。
そうじゃなけりゃ、新幹線で締め切りギリギリ飯の具材の写真なんか撮るかぃ(笑
 
で、これについては小学生のときに原型があって、当時の担任の先生が言った「笑いをとるなら真面目にやれ」という言葉です。
大阪らしいと言えば大阪らしいですね。
 
そのときクラスでは自分たちで台本を考えた劇をすることになっていました。ちょっとお笑いの入ったやつ。
でも、練習中自分たちが先に笑ってしまったり、照れが入ったりしてしまい、それを見た先生が先のような言葉で怒ったわけです。
 
そこからわたしたちのほうにも気合が入り、一転してコメディ調の劇の練習も真剣にやるようになりました。
 
劇の内容は、合唱コンクールの曲決めでクラスが紛糾する、というもの。
女の子が「〇〇ちゃんの曲がいいわぁ」とぶりっ子(死語)しながら言えば、5人ほどで歌い出したり。当時ブームはとっくに去っていたのに、なぜか『356歩のマーチ』や『泳げたいやきくん』まで飛び出し、その都度意見を出した男の子が真面目に歌いました。
 
これを全校児童の前でやったのですからたいしたものですね、うちのクラスは。
おかげで拍手喝采でした。
 
そういう「冗談は真面目に」という教えが、今のわたしの作品にも少なからず活かされているように思います。
 
そのときの先生は本当にいい先生でした。みんなから愛されていたし、先生もそれぞれの個性を大切にしてくれていました。
最後のほうになると給食の時間に「誰か、何か面白いことやれ」と言えば、みんなが「はい、やります!」と手を挙げていました。
 
これだけ聞けば横暴に見えて、今なら大問題になりそうですが、みんなが率先して手を挙げる雰囲気ができていました。
実に愉快なクラスです。
 
先生、岸和田弁キツかったけど(笑
岸和田弁で怒ると迫力あるのよ。
 
そんないいクラスだったせいで、中学に上がると窮屈さに嫌気がさして不良になるのがいっぱいいました。
あれ、ざっと3分の1くらいドロップアウトしたんじゃないかな。うちのクラスがダントツに多かったぞ(笑
 
と、まぁ、わたしの創作の根底にそんないい先生との出会いや教えがあったらいいなぁ、というエイプリルフールのお話でした。

明日から本気出す

しまった。MMDで遊んでいたら、もうこんな時間。
結局、3月中は遊びまくったし、明日からは頭を切り替えて創作活動に打ち込もう。
 
……数日前にも似たようなことを言っていた気がするがなー。
 
んでも、明日は担当さんとの打ち合わせがありますから。
何か動きがあれば九曜のスイッチも入るかなと。
 
 
 

ご冥福を

テレビに出ている有名人が大病を患うと、必ず克服して復帰すると、どこか無条件に思っているところがありますよね。
そんなはずないことは小林麻央さんのときでわかっていたはずなのに。
 
九曜は、志村けんさんに特に思い入れはありません。
それでも少なからずショックを受けているのは、きっと物心ついたときから当たり前のようにテレビ画面の中にいたからなのでしょう。
 
心からご冥福をお祈りしたいと思います。
 
 
 

ケーブルで再放送やってないかな?

鬼太郎が終わりましたね。
父が亡くなった後、7月、8月くらいから観はじめたのですが、けっこう毎週楽しみにしていました。
 
鬼太郎のあのクールさ加減が好きです。
まぁ、水木しげるの原作からして、努力・友情・勝利って感じでもないでしょうけど。
 
まなちゃん抱えて弾丸のように飛び出してきたのがカッコよかったでうz。
 
でも、もう見られないのですね。
残念です。
 
 
 

遊んでばっか

今日も一日の多くをMMDに費やしてしまいました。
 
時間が腐るほどあるのに、期限の決まっているようなタスクがないのが原因。
あと、最近MMDで使いはじめたPowerShaderが面白いってのもありますね。
 
動画自体は、今日中にアップできそうにないですが。
ほとんど完成してるんですけどね。些細なミスが見つかって再エンコ、を数回繰り返しているのです。
 
さて、さすがに明日は創作活動をしようと思います。
 
 
 

最善手

コミケが中止ですってよ。
個人的にはめでたい。
 
行くか行かないかで悩んでいたので、そもそも選択肢がなくなったというのがひとつ。
できれば拙作に挿絵を描いてくださる各イラストレータ様が、こちらに注力してくれると嬉しいのですが。
 
個人的な思いは兎も角として、普通に考えて中止が妥当かな、と。
オリンピック同様世界中から人が集まってくるわけだし、ウィルスを持ってきたり持って帰ったりすると、イベント自体がバッシングされかねないし。
 
年2回あるので、1回くらい中止してもいいんじゃないでしょうか。
いや、有名なイラストレータさんにとっては大きな収入源なのはわかるけど、避けられる非難は避けておいたほうが無難だし、長い目で見たらそれが後々のためになるのではないでしょうか。