略字

『図書館』という字は、けっこう書くのが面倒くさいです。
 
そんなわけで現場では、メモやスタッフ間の連絡事項程度なら、□のなかに『ト』を書いてすませます。
意味はそのときどきによって『図書館』だったり『図書室』だったり。
でも、不思議と『図書』にはならない気がしますね。
 
因みに、某大学の医学部の図書室にいたころは、眼科の先生は所属欄に『め』と書いていました。
 

本日のweb拍手レス〜♪(2日10時までの分)

−1日−
11時〜

そんなに悲観的にならないで下さい。自分も含め九曜さんの小説に元気つけられた人は多いはずです!

 あちがとうございます。とは言え、悲観的っていうか、打ち切り喰らった点については明確な事実ですから。なお、「売れてないわけはないけど、増刷がかかるほどではなかった」んだそーな。

自分は、暗い小説好きではないので、九曜さんの作品は安心して楽しく読めて嬉しいですよ(^○^)

 九曜もそうですね。だから、書き手としても「なんでこんなの読んだんだろう」って思われるよりは、「読んでよかった」と思われるような作品を書きたいと思っています。
13時〜

この音とまれ買うのは、当然だったなんて… でもでもおもしろいですよねっ!

 いや、誰も当然とまでは言っていないような? それはさておき、読んでいる人、好きな人が多くてびっくりです。九曜も一気に5000円弱使いましたけど、買ってよかったと思っています。
19時〜
>>黒雨さん
 劇中曲なんてあったんですね。後で聴きにいってみようと思います。ついでにVOMICもあるっぽい? 九曜は送られたコメントがよっぽどひどいものじゃない限り、すべてにレスをしているのですよー。差別よくない(笑